フィットネス 筋トレ

【トレーニー必須】トレーニングベルト人気おすすめ5選!【体幹補強アイテム】

2020年9月2日

スクワットやデッドリフトといった腰に負担のかかる筋トレ種目に欠かせないのがトレーニングベルト(ウェイトリフティングベルト)。

 

体感部をガッチリホールドしてトレーニング効果を高めてくれたり、腰への負担を軽減してくれたりする優れたアイテムです。

 

とはいえ、様々なメーカーから形や素材などの種類がいくつもあり、どれ選んでいいか迷ってしまいますよね。

 

今回は上記の疑問について説明していきたいと思います。

 

Contents

本記事の内容

 

  • トレーニングベルトを使うメリット
  • トレーニングベルトの選び方
  • トレーニングベルトおすすめ人気5選
  • その他おすすめのトレーニングアイテム特集
  • まとめ

 

この記事の信頼性

筋トレ歴5年

現在も筋トレ継続

 

トレーニングベルトを使うメリット

トレーニングベルト(ウェイトリフティングベルト)はフリーウェイトトレーニングで体幹を補強し、パフォーマンスを向上させたり、腰をサポートしたりなどの効果かがるベルトの事です。

 

トレーニングベルトを使用する主なトレーニングは下記となります。

 

  • スクワット
  • デッドリフト

 

続いて、トレーニングベルトの使用効果ですが下記となります。

 

  1. 普段より高重量を扱えるようになる。
  2. レップ数が上がる
  3. 腰への負担を軽減できる。

 

上記の効果はもちろんですが、トレーニーの多くは、腰の負担を軽減するために使用しています。

 

無理に高重量を扱い、腰を痛めてしまっては筋トレができなくなることを知っているからです。

 

繰り返しですが、ベルトを利用することで、トレーニング時の体幹強化はもちろんのこと、パフォーマンスアップ・ケガ予防・筋力強化などの効果のあるトレーニングベルトは、トレーニーにとって不可欠なもの。筋トレの成果をしっかり出すためにも、ぜひ1本は用意しておきたいですね。

 

トレーニングベルトの選び方

筋トレのためのトレーニングベルトはバックルの種類や素材や形状などで分けることができます。ここでは、それぞれの特徴を確認していきながら、トレーニングベルト選びのポイントをチェックしていきましょう!

 

ベルト素材は革製かナイロン製か

トレーングベルトの素材には下記、2種類があります。

 

  • 革製
  • ナイロン製

 

トレーニング効果や体感が違ってきますので両方の素材について解説します。

 

しっかりトレー二ングをするなら革製ベルト

革製のベルトの特徴は下記の通り

 

  • 腹部を締め上げ、体幹部を強く固定し安定性が増す。

 

こんな方におすすめ

 

  • 自分の重量以上を扱おうとしている人
  • 腹圧効果を高めたい人

 

上記の項目に当てはまる人は革製を選んだ方がいいと思います。

 

また、革製の方が主流で販売数も多く、選べる商品が多いのもメリットの一つです。

 

迷ったら革製にするのがおすすめ。

 

初心者はナイロン製でも◎

ナイロン製のベルトの特徴は下記の通り

 

  • 体へのフィット感は抜群。
  • 伸縮性もある

 

逆にマイナスポイントは下記の通り

 

  • 革製のベルトに比べると、ホールド力が劣る。

 

ホールド力があまりなので高重量でトレーニングをする方には不向きです。

 

こんな方におすすめ

 

  • 程々の強度でトレーングを行う方。
  • 較的、初心者向き
  • 女性向き。

 

ナイロン製ベルトはサイズが小さいものも用意されているので、革製のベルトが大きすぎる女性にとっても使いやすいでしょう。カラーバリエーションやデザインもかわいいものが多く、見た目を重視して選ぶのにも適していますよ。

 

革製ベルトを選ぶ時のチェックポイント

革製ベルトには、バックルや形状などのいくつかのバリエーションがあります。選ぶときのチェックポイントを確認していきましょう。

 

バックルの種類をチェックしよう

バックルの種類

 

  • ピンタイプ(1本もしくは2本のピンを差し込んで固定)
  • 金具を引っかけて止めるレバーアクション
  • フックを引っ張ることで一瞬でベルトを外せるフックバックル

 

一般的にはピンタイプのバックルが主流ですが、フックバックルベルトは、インターバル時でももたつかずに外せて小休止できるので使い勝手が良いですよ。

 

ベルト幅が幅広タイプならパワーが出せる

幅の広いタイプのトレーニングベルトはパワーベルトとも呼ばれ、腹部をがっちりホールドしてくれるので、高重量を扱う際のパワーと安定感がメリットです。

 

一方でベルトが10mmを超える厚さで、デッドリフトのように前傾姿勢になる場合はお腹につかえることがあり、慣れる必要があるという注意点も。買ったばかりのベルトだと硬くて使いにくいですが、次第に柔らかくなって馴染んできます。

 

このタイプは、スクワットやデッドリフトなどの筋トレをされている方であれば誰でもおすすめですが、トレーニングで挙上重量をどんどんあげていきたい方はこのベルトが最適。パワーリフターにも好まれる本格的なトレーニングベルトです。

 

前部の幅が細くなるタイプは扱いやすい

背部が幅広で、前部のバックル部分のベルト幅が細くなるタイプは、標準的なトレーニングベルトで誰でも使いやすいのがメリットです。装着することで腹圧をかけやすくなりパフォーマンスが向上するだけでなく、腰への負担が減るためケガの予防にもなります。

 

そのため、BIG3をされる方であれば使っていきたいアイテムです。ベルトが細い分だけ腹部への負担が減り、デッドリフト時でも邪魔になりません。

 

高重量を扱う際の腰への負担軽減や、一般的なトレーニーであれば、このタイプのベルトで問題ありません。迷うようであれば標準的なこちらのタイプを選んでいきましょう。

 

女性向けのアイテムにも注目

女性向けにつくられたトレーニングベルトもチェックしてみましょう。基本的にトレーニングベルトは男性を意識して作られているため、サイズも大きく、カラーバリエーションも少なめ。黒か茶色のどちらかから選ばなくてはいけないものがほとんどです。

 

一方で、女性が使いやすい大きさのものが用意されていたり、白やピンクといった珍しいカラーのトレーニングベルトもあります。すでにご紹介したナイロン製のベルト以外にも、革製ベルトの中にもそういった商品がありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

ウェストに合わせたサイズを選ぶのを忘れずに

ウェストサイズに合わせてS・M・Lなどのサイズを選べる商品もあります。ご自身のお腹周りのサイズをメジャーなどでチェックし、商品を買う場合も正しいサイズのものを購入しましょう。

 

また、メーカーなどによってサイズに誤差がある場合もありますので、商品レビューなども参考にしながら選ぶと間違いが少なくなりますよ。

 

トレーニングベルトおすすめ人気5選

それでは、人気のトレーニングベルトをご紹介していきます。素材やバックルの種類、カラーバリエーションなどを問わず幅広くランクインしていますので、自分にぴったりのベルトを見つけてみてください。

 

5位 ハービンジャー(Harbinger) トレーニングベルト

最大幅が12.7cmと安定感抜群

 

頑丈で扱いやすいステンレスローラーバックルに加えて、自分のサイズにぴったり調整可能な強力ワンウェイベルクロを使用。腹圧をしっかり抑えてトレーニングを行うことができます。腰側の幅も12.7cmと非常に広く安定感も抜群。素材も内側にトリコット布地を採用し、激しいトレーニングでも体への負担を軽減してくれるでしょう。

 

ハービンジャー(Harbinger) トレーニングベルト

 

4位 レザー リフティングベルト パワーベルト 

高級本革(4層)を使用した本格派のパワーベルト

 

良質な牛革のみを使用した高級本革が素材の本格派。表裏はスウェード加工なので肌触りも良く、滑りにくく、耐久性も高い優れもの。ステンレス製のバックルもワンタッチ式のレバーアクションのため楽々着脱可能。また、ベルト幅も全周にわたって幅広いつくりのため、抜群の安定感が得ることができます。

 

レザー リフティングベルト パワーベルト 

 

3位 Schiek(シーク) リフティングベルト

腰・仙骨部分を安定させる

 

トレーニングギアメーカーとして25年以上の歴史があるSchiek社のこだわりの商品。体のラインに沿ってしっかりとフィットする形状になっていて、違和感なくトレーニングに集中することができます。下背部に付いているパッドのおかげで腰・仙骨部分の安定性が向上。調整しやすいベルクロで自分の好みに締め付けも調整可能です。

 

Schiek(シーク) リフティングベルト

 

2位 king2ring トレーニングべルト

軽量素材でジムへの持ち運びもラクラク

 

この製品のポイントは、ナイロン素材のため軽く、取り扱いが簡単なところ。Sサイズで重さは約200gなので、ジムへの持ち運びもラクラクです。

 

また、内側と外側の両方をマジックテープで2重留めできるので、腹圧を逃がすことなくトレーニング可能で、使い心地も安定しています。腰パッド部分にはウレタンが入っているので、腰回りに痛みを感じている方にもおすすめです。

 

king2ring トレーニングべルト

 

1位 EasyJoy レザー ウエイト リフティングベルト

耐久性があり安定感も抜群

 

艶のある特厚の本牛革製で、色はブラウン、ブラック、ブルー、ライトブラウンの4色が用意されています。とにかく耐久性が強く、長く愛着を持って使うことができます。腰保護部分も幅10cmと幅広で、身につけるだけで安定感を実感できます。

 

EasyJoy レザー ウエイト リフティングベルト

 

その他おすすめのトレーニングアイテム特集

 


腹筋ローラおすすめ10選!「価格以上の効果があります。」

自宅で手軽に、腹筋トレーニングを行える腹筋ローラを購入したいけど、ローラの数・太さ・静音性・アシスト機能と様々な商品があるけど、どれを購入していいのかわからない。   合わせて、腹筋ローラの ...


チンイングスタンドおすすめ10選【男らしい広背筋を手に入れよう】

自宅で本格的な筋トレを可能のにしてくれるのが懸垂マシン。通称「チンニングスタンド」。もしくはぶら下がり健康器と呼ぶ人も多いと思います。   最近のチンニングスタンドは懸垂以外にもトレーニング ...


コスパ良好ダンベルおすすめ5選!【選び方もあわせて解説します】

自宅での筋トレに欠かせないのが「ダンベル」。今回はおすすめのダンベル(固定式と可動式)を紹介します。 初心者やフィットネスで使える1〜3kgの物から上級者向けの10〜40kgのものまで紹介します。 安 ...


プッシュアップバーおすすめ10選。【使い方についても解説します】

筋トレの定番メニューといえば真っ先に思い浮かぶのが腕立て伏せではないでしょうか。   腕立て伏せは主に大胸筋・三角筋・上腕三頭筋などを鍛えたい時に行うトレーニングの一つです。   ...


プロテインおすすめ5選!【迷ったらこれを選べば間違えなし】

下記の悩みを抱いてる方向けの記事 悩んでいる人 プロテインを飲もうと考えているけど販売しているメーカーが多くてどれを選んだらいかわからない。 プロテインを選ぶ際のポイントがあれば教えて欲しいな・・・。 ...


【完全版】プロテインシェイカーおすすめ人気ランキング8選!

プロテインを飲む時に必ず使用するのが「プロテインシェイカー」。 これは筋トレをしている人なら必ず1つは持っているマストアイテムですよね。   最近ではシェイクしやすいボール入りのもの、漏れな ...

 

まとめ

今回は、トレーングベルトついて紹介しました。

 

トレーニングベルトは中上級者だけではなく、初心者から使っていきたいトレーニングギア。腹圧をかける練習にもなりますし、痛めやすい腰の保護にも最適です。特にバーベルを使って高重量を扱う方は、ぜひマイベルトを用意して安全で楽しい筋トレに励んでくださいね!

 

 

というわけで今回は以上です。

-フィットネス, 筋トレ
-, ,